記事検索

ALSOKとラックが提携、標的型メール攻撃の訓練サービスを中小企業向けに展開


 綜合警備保障株式会社(ALSOK)と株式会社ラックは26日、両社が業務提携し、情報セキュリティサービスの提供を開始すると発表した。第1弾として、標的型メール攻撃を疑似体験する訓練サービス「ITセキュリティ予防接種」を27日より販売する。

 ITセキュリティ予防接種では、疑似的な標的型メールを送信。それを受け取った社員が添付ファイルを開封したかどうかを調査し、対応状況のリスク把握を行うともに、その体験を通じて社員の対応能力を向上させる目的もある。

ITセキュリティ予防接種

 価格は、訓練対象者が100人までの場合で21万円。ラックが提供する同様のサービスをスリム化することで利用しやすい価格にしたという。具体的には、疑似メール配信回数がを2回から1回に減らしているほか、疑似メール文の固定化、レポート内容の簡易化といった違いがある。

 ITセキュリティ予防接種を利用したい企業は、訓練対象者のメールアドレスリストを用意すればよい。約2週間の準備期間で訓練が実施できるとしている。


関連情報


(永沢 茂)

2012/3/26 14:04