記事検索

国立情報学研究所と丸善、新刊書籍「ウェブらしさを考える本」を無料公開


 国立情報学研究所(NII)は、丸善出版株式会社から4月7日に発売される新刊書籍「ウェブらしさを考える本−つながり社会のゆくえ−」(798円)の全文を、同日よりウェブで無料公開すると発表した。

 具体的な期間は未定だが、向こう1年間は無料公開を継続する予定。新刊書籍の全文を短期間だけ、あるいは一部を無料公開する事例は見られるようになったというが、NIIでは今回、公開期間を短期間に限定しないこと、また、読みやすさを低くすることを実験条件として、無料公開サイトのアクセスログと書籍の購買実績との相関関係を検証するのが狙い。

「ウェブらしさを考える本−つながり社会のゆくえ−」無料公開サイト

 同書はNIIが監修したもので、著者はNII准教授の大向一輝氏とコピーライター/サイエンスコミュニケーターの池谷瑠絵氏。メディアとして、コミュニケーションツールとして、ウェブは本質的にどのような特徴を持っているのか、どのように使いこなすことができるのか、さまざまな角度から「ウェブらしさ」を考察したという。


関連情報


(永沢 茂)

2012/4/5 16:49