記事検索

Androidが標的の不正アプリ、3カ月で約5000種〜トレンドマイクロが確認


 トレンドマイクロ株式会社は18日、「TrendLabs 2012年第1四半期セキュリティラウンドアップ」レポートを公開した。1月から3月までの3カ月間で、Androidを標的とした不正アプリが新に約5000種も確認されたという。

 このレポートは、同社の調査・研究チームがグローバルでのセキュリティ動向・傾向を四半期ごとに分析したもの。今四半期に新たに発見された不正アプリとしては、実在のゲームやスマートフォン最適化のアプリの偽物として不正アプリが配布される例、特定の不正アプリの亜種が多数のアプリに組み込まれて配布される例が確認されたとしている。

 レポートではこのほか、“持続的標的型攻撃(APT)”として、インドや日本の企業・組織を狙った「Luckycat」を紹介。その実態として、2011年6月以降、継続的に90以上の攻撃が実行されており、これらが一連の作戦であることが明らかになったとしている。

 また、ソーシャルメディアを悪用したものとしては、Facebookで拡散された“iPad 3”無料プレゼント宣伝メッセージなどのほか、写真共有サービス「Pinterest」において、スターバックスのギフトカードを装ったロゴ画像を共有させる詐欺もあったという。


関連情報


(永沢 茂)

2012/4/18 15:16