記事検索

ロジテック、最大通信速度450Mbpsの無線LANコンバーター「LAN-HGW450/CV」


LAN-HGW450/CV

 ロジテック株式会社は26日、IEEE 802.11a/b/g/n対応の無線LANコンバーター「LAN-HGW450/CV」を発表した。大画面液晶テレビなど最大4台までの有線LAN機器を無線化することができる。11n接続時の最大通信速度は450Mbps。5月上旬発売予定で、標準価格は2万3262円。メーカー直販サイトでは1万2191円で予約注文を受け付けている。

 LAN-HGW450/CVは1000BASE-T対応の有線LANインターフェイスを合計5ポート内蔵。このうち4ポートを有線LAN機器との接続に利用できる。残る1ポートは有線LAN対応PCから各種設定を行うための専用ポートという扱い。

 無線LAN部は、IEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz帯および5GHz帯)の4種類をすべてサポート。ルーター(親機)側の規格を気にすることなく、気軽にワイヤレス環境を構築できる。ひかりTV、アクトビラなど映像家電向けネットワークサービスでの動作も確認済み。また、家電接続時は5GHzの使用を推奨している。

 アンテナは伸縮式のハイパワータイプ。このほか、WPS(ボタン式)による無線LANセットアップ、WPA2-PSK(AES)などもサポートする。なおルーターやアクセスポイントとしての使用には対応していない。

 本体サイズは35×140×170mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約310g。



関連情報


(森田 秀一)

2012/4/27 13:40