記事検索

U-NEXT、パソコン向け映像配信サービス開始。お試しで16日間の無料視聴


「U-NEXT」トップページ
http://unext.jp/

 映画やドラマを中心とした映像コンテンツ配信サービス「U-NEXT」を運営する株式会社U-NEXTは、パソコン向け映像配信サービス(http://unext.jp/)を5月24日14時より開始したと発表した。利用料金はテレビと同じで、「ビデオ見放題プラン」が月額1990円。お試し期間16日間は、「ビデオ見放題プラン」が無料で視聴できる。

 「U-NEXT」は、配信本数5万本以上をラインナップするビデオ・オンデマンドサービス。コンテンツは見放題コンテンツとPPV(ペイパービュー、個別課金)の2種類がある。

 「ビデオ見放題プラン」は、PPVコンテンツ以外のコンテンツをすべて見放題で1990円のプラン。「新バリュープラン」は見放題プランに、歌い放題のカラオケサービスとPPVポイント630円がついて月2980円のプランとなる。そのほか、カラオケのみ単独で利用する場合は、月額990円のカラオケサービスも提供する。

 今回提供を開始するパソコン向けサービスは、5月時点ではカラオケサービスには対応しておらず、夏頃の対応を予定している。

 加入後16日間は無料視聴期間となる。また、通常は「ビデオ見放題プラン」が月額1990円のところ、パソコン向けサービス開始キャンペーンで、無料視聴期間終了後は通常料金となる。加入時にPPVポイントが500ポイント付加されるので、無料視聴期間に500ポイント分のPPV作品も視聴できる。500ポイントで、映画作品なら1本、アニメなら4本、ドラマなら2〜3本程度が視聴可能だ。



【お詫びと訂正】記事初出時、無料期間終了後に加入すると2カ月間半額となるとの記述がありましたが、当該キャンペーンはテレビからの申し込みのみで、パソコンからの申し込みでは、無料期間終了後は通常料金となります。お詫びして修正いたします。


パソコン、テレビのほか今後スマートデバイスにも対応

1つのIDで、パソコン、テレビに対応。今後スマートフォン、タブレットに対応し、4つのデバイスでの視聴が可能に

 「U-NEXT」はこれまで、ソニーのブラビア、シャープのアクオス、東芝REGZA、日立WoooのU-NEXT対応テレビでサービスを提供してきたが、今回新たにPCサイトを開設。デバイス別の課金は行わないため、1つのIDとパスワードでテレビ・パソコン両方で視聴できる。対応テレビ機種については、LGの「LG Smart TV」にも6月以後の新製品からの対応を予定する。

 対応OSは、Windows XP(SP3以上)、Windows Vista (SP2以上)、Windows 7およびMac OS X10.1以上。ウェブブラウザーは、Internet Explorer 7.0以上、Firefox、Chrome、Safariに対応する。プラグインは、Adobe Reader、Silverlight 5.0.61118.0以上に対応。

 サービスを利用するためには、JavaScriptとCookieが有効になっている必要がある。720pのHD画質での配信に対応するが、パソコン向け配信では、ユーザーが視聴する環境の回線速度に合わせたビットレートで配信される。

 また、6月末までに新機能の追加を予定。新機能は、前回観ていた作品を、異なるデバイスからでも途中から再生できる「レジューム連携」機能、作品に対する評点やレビューコメントを投稿できる「レビュー投稿」機能、気になる作品をMYリストに保存できる「MYリスト」機能の3つとなる。

 対応デバイスは、6月末以降にスマートフォン、夏以降にタブレットPCと順次対応を予定。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットでの視聴が、1つのIDで楽しめるようになる予定だ。


国内・海外コンテンツ充実で配信本数5万本以上。アダルトも約1000本

 配信本数は5月24日現在で、ビデオ作品3万9265本、カラオケ1万8942本で、合わせて5万8207本に上る。ハリウッドメジャースタジオ作品を含む洋画、邦画、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリーなど、コンテンツの豊富さがセールスポイント。

 コンテンツは視聴率40%を超えたことで大きな話題になったドラマ「家政婦のミタ」をはじめ、国内ドラマと邦画が充実している点が特徴となる。また、コンテンツはアダルトコンテンツも用意。アダルトコンテンツは年齢確認ページを必ず経由し、別ドメインのサイトで提供するが、全部で1000タイトルほどを用意。見放題プランの料金で、アダルトコンテンツも視聴できる。パソコン向けのアダルトコンテンツは、一般作品からやや遅れて、5月28日より提供開始予定だ。
 
国内ドラマは5月24日時点で455作品。右のプルダウンメニューで、おすすめ順、人気順、五十音順でソートが切り替えられる PPVで配信するBBCドキュメンタリー「動物たちがつむぐいのちのキズナ」。松本幸四郎、松本たか子が吹き替えた日本語ナレーション版も配信する アニメは5月24日時点で1514作品。カテゴリーごとに、さまざまな検索キーワードが設定されている


「泣ける映画」や同じ女優が出演する作品など、さまざまな作品検索が可能

 人気ランキング、新着順で作品を一覧表示できるほか、「シネマ洋画」「シネマ邦画」「海外ドラマ」「国内ドラマ」「アニメ」「ファミリー」「ドキュメンタリー」「バラエティ」といったジャンルを用意。

 また、「泣ける」「笑える」などといったキーワード検索など、さまざまな検索ワードをあらかじめ用意。ジャンルだけでなく、気分に合わせて作品を選ぶこともできる。また、ひとつの作品を視聴し終わると、同じ俳優が出演する作品などをレコメンドする機能も装備した。作品数が多いだけに、さまざまな角度から作品を選べるように工夫しているという。今後もこうした機能についてはユーザーの要望などを参考に充実させていく方針だ。



関連情報

(工藤 ひろえ)

2012/5/24 14:42