記事検索

ソニー電子書籍リーダー「Reader」新モデル、9980円で9月21日発売

電子ペーパーの白黒反転を改良


 ソニー株式会社は、6型電子ペーパーを搭載した電子書籍リーダー「Reader」Wi-Fiモデルの新機種となる「PRS-T2」を9月21日に発売する。価格は9980円。本体カラーはブラック、レッド、ホワイトの3種類。

 前ページで表示されていた文字の残像を抑える独自のアルゴリズムを用いることで、電子ペーパーの特性として必要な画面の白黒反転を、最大15ページに1回に減らした。また、大型のアイコン型操作ボタンの採用と配置の最適化、簡単で使いやすいメニュー画面の採用などにより、初めてでも直感的に操作が可能だとしている。

 機能面では、Android搭載スマートフォンなど別の端末で続きのページから読書をすることが可能。他の端末との同期に関しては、秋に提供予定のAndroid向けアプリが必要となる。お気に入りの本の感想をFacebookで友達と共有したり、Evernoteに保存したブログやニュースなどをReaderに最適なレイアウトで閲覧する機能も備える。

 本体サイズは約110×173×9.1mm(幅×高さ×奥行き)、重さは約164g。ディスプレイの解像度は600×800ドット。内蔵メモリは約2GB(使用可能領域は約1.3GB)で、micro SDカードスロットを搭載する。充電池の持続時間はWi-Fiをオフにした場合は最長2カ月(1日30分読書時)、Wi-Fi利用時は最長1.5カ月。無線LANはIEEE 802.11b/g/nに対応する。

 Reader向けのコンテンツを配信する「Reader Store」では、9月3日時点で約6万3600冊の日本語コンテンツを用意している。

 対応するファイルフォーマットは、Reader向け配信コンテンツ(.mnh)/XMDF/ドットブック/EPUB/PDF/Text、写真がJPEG/GIF/PNG/BMP。対応OSはWindows 7/Vista/XPおよびMac OS X 10.5.8以降。


関連情報


(増田 覚)

2012/9/3 13:46