記事検索

三井住友銀行をかたるフィッシングメールに注意を


 フィッシング対策協議会は12日、三井住友銀行をかたるフィッシングメールが確認されたと発表した。誘導先となるフィッシングサイトは同日15時の段階で停止しているが、類似サイトが公開される恐れもあるとして、注意を呼びかけている。

 今回確認されたフィッシングメールは「三井住友銀行より大切なお知らせです」という件名。本文では、オンラインバンキング用サーバーのバージョンアップにともなって、必要事項を更新する必要があると促す。フィッシングサイトでは、オンラインバンキングのログインに必要な契約者番号、第一〜第三暗証など「暗証カード」記載の情報をすべて入力させようとする。

 フィッシング対策協議会では、フィッシングメールの本文や、フィッシングサイトのURL(一部伏せ字)、サイトの画像などを参考情報として公開して注意を呼びかけている。


関連情報


(森田 秀一)

2012/11/12 17:13