記事検索

ハンファ、PCやスマホから閲覧できる200万画素ネットワークカメラ


 ハンファ・ジャパン株式会社は22日、200万画素のネットワークカメラ「IP-2000」シリーズ3製品を発売した。同社直販サイトでの販売で、価格は「IP-2000HW」が1万2800円、パン・チルト機能搭載の「IP-2000PTW」が1万9800円、屋外設置対応型の「IP-2000HDR」が2万9800円。

IP-2000HW IP-2000PTW
IP-2000HDR

 IP-2000シリーズは、有線LANまたは無線LANに接続することで、PCやスマートフォンアプリ(iPhone/Android)から映像を見ることができるネットワークカメラ。200万画素のイメージセンサーを搭載し、720P、30fpsの撮影に対応する。

 IP-2000HWとIP-2000PTWは屋内設置型の製品で、ネットワークは無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)と有線LAN(100BASE-TX/10BASE-T)に対応。本体にMicroSDカードが内蔵でき、ネットワーク接続が途切れた場合でも映像の保存に対応する。IP-2000PTWは、暗視撮影用の赤外線LED(12灯)と遠隔制御可能なパン・チルト機能も備える。

 IP-2000HDRは防塵・防水設計(IP66等級)の屋外設置型の製品で、ネットワークはPoE給電対応の有線LAN(100BASE-TX/10BASE-T)に対応。暗視撮影用の赤外線LED(24灯)も備える。


関連情報

(三柳 英樹)

2012/11/22 13:47