ニュース

PQI、アクセスポイントにもなるWi-Fi対応ポータブルHDD「Air Bank」

 PQI Japanは、iOSやAndroidに対応したWi-FiアクセスポイントにもなるポータブルHDD「Air Bank(エア・バンク)」を3月22日に発売する。500GBタイプと1TBタイプが用意され、店頭価格は500GBが1万5800円、1TBが1万9800円になる見込み。

 「Air Bank」は、Wi-Fiに対応し、USB3.0や有線LANポートを搭載したポータブルHDD。iOSやAndroidで利用する場合は、専用アプリ「Air Bank+」(無料)をダウンロードして利用する。iOS 4.0以降、Android 2.1以降で動作する。Webブラウザからの操作にも対応する。

 スマートフォンやタブレット端末からAir Bank内にアップロード/ダウンロードが可能で、映像は音楽のストリーミング配信の形でも楽しめる。対応ファイル形式は以下の通り。

iOS
文章 pdf / txt / doc / docx / xls / xlsx / ppt / pptx
画像 jpg / png
音楽 mp3 / wav / aif
動画 mp4 / mov
Android
文章 pdf / txt / doc / docx / xls / xlsx / ppt / pptx
画像 jpg / png / bmp / gif
音楽 mp3 / mp4 / 3gp / wav / ogg / imy / aif
動画 mp4 / 3gp

 有線LANケーブルでネットワークに接続すれば、Wi-Fiのアクセスポイントとして利用でき、最大5台のWi-Fi機器と接続できる。IEEE802.11b/g/nに準拠し、セキュリティはWPA2となる。また、ハブのように利用できるブリッジ機能も用意されている。

 リチウムポリマー充電池を搭載し、ワイヤレスストレージとして最大5時間、音楽再生では最大8時間動作する。大きさは約135×77×20.5mmで、重さは約250g。ボディカラーはブラックとホワイトの2種類をラインナップする。

(津田 啓夢)