ニュース

「クラブニンテンドー」で2万3926件の不正ログイン

 任天堂株式会社は5日、運営する会員サイト「クラブニンテンドー」において、他社サービスから流出したと思われるID・パスワードによる、2万3926件の不正ログインを確認したと発表した。

 任天堂によると、7月2日夜に大量のアクセスエラーが発生していることを確認し、調査を開始。6月9日〜7月4日の間に、2万3926件の不正ログイン(試行回数1545万7485回)があったことが確認されたという。

 この不正ログインにより、ユーザーの氏名、住所、電話番号、メールアドレスが参照された可能性がある。個人情報等の改ざんやクラブニンテンドーポイントの不正使用は確認されておらず、クラブニンテンドーではクレジットカード情報は預かっていない。

 任天堂では、セキュリティの強化および監視レベルを強化し、5日午後3時には不正ログインが行われたID・パスワードを利用したログインができない措置をし、該当するユーザーにメールを送信した。

 また、今回の不正ログインは他社サービスから流出したと思われるID・パスワードが使用されているため、他社サービスと同一のパスワードを利用しているユーザーには別のパスワードを設定することを呼び掛けている。

(三柳 英樹)