ニュース

米MS、「我々はまだ終わっていない」〜製品別から職種別に組織を大改革

デバイス専門部門も新設、「One Strategy, One Microsoft」をスローガンに

 米Microsoftは11日、大規模な内部組織改革を発表した。メディアでは「過去最大」「2002年以来最大」「過去5年間で最大」などと報道されているほどで、大改革と言える規模だ。

 PC売り上げの減少は、これまで同社が経験したことがないほど長期間に渡ってなお継続中だ。代わってスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス分野が拡大を続けている。Microsoftに対しては、市場関係者からも製品開発のスピードアップや、新サービスや新種デバイスへの素早い対応が求められていた。

 今回の改革に伴い、Microsoft CEOのSteve Ballmer氏は全従業員宛てのメールを公開。組織改革の目的、理由、内容について説明した。

 Ballmer氏は、既に掲げているデバイスとサービス戦略を推し進めるために、全社が1つの戦略に一致して集中し、仕事の規律とエンジニアリング・テクノロジー分野双方での能力を改善し続け、目標を達成するためにチームとして柔軟に、かつ協力の精神を持って楽しくかつ懸命に働く必要がある事を従業員に求めた。Microsoftの企業文化とコアバリューは変化しないが、仕事の仕方は変えなければならないとも指摘している。

 「One Strategy, One Microsoft(1つの戦略、1つのMicrosoft)」というこのスローガンの下で行われる大規模な組織変更により、これまで製品ごとに分かれていた部門を職種別に変え、すべての部門がすべての製品に貢献できる環境を構築する。

 これまでWindows、Officeなど製品別に分かれていた部門は、機能や職種別にエンジニアリング、マーケティングなどの職種による部門構成に刷新される。

 具体的には、「Operating Systems Engineering Group」はコンソール、モバイル、PC、バックエンドなどすべてのOSを担当。「Devices and Studios Engineering Group」はすべてのハードウェア開発とサプライチェーン、またゲーム、音楽、ビデオ、エンターテインメントを担当する。

 「Applications and Services Engineering Group」はプロダクティビティー、コミュニケーション、検索、その他情報関連分野を担当する。「Cloud and Enterprise Engineering Group」はデータセンター、データベース、エンタープライズ、開発ツールを担当するが、これにはデータセンターの建設と運用も含まれる。

 「Dynamics」部門は現状はその特殊性からこのまま残る。「Advanced Strategy and Research Group」は研究、Trustworthy Computing、テクノロジー政策関連のチーム、新しいテクノロジートレンドの発見を担当する。

 そのほか、「Marketing Group」「COO」「Business Development and Evangelism Group」「Finance Group」「Legal and Corporate Affairs Group」「HR Group」が設けられる。

 今回の組織変更で最も興味深いのは、新たにデバイス専門部門が創設されたことだ。Microsoftは当初からキーボードやマウスをハードウェア部門で開発し、後にはXboxも開発し、それが近年のデバイスとサービス戦略につながってきた。

 新しいデバイス部門創設によって、Microsoftが様々なタブレットやその他のデバイスに米Appleのように集中するつもりかどうか、OEMやパートナー企業との関係についても注目される。

 具体的な変化についても示唆されている。PCからゲームまで様々なデバイスを扱っているが、これについても「我々のデバイスは、各ハードウェアフォームファクタに合わせた共通のユーザーインターフェイスアプローチを共有する必要がある」と述べている。

 新人事により、新人材の登用も注目され、新ナンバー2は誰になるのか、またBallmer以降にも注目が集まっている。その一方で、この改革を機に引退する人々も発表された。

 オフィス部門プレジデントKurt DelBeneは引退し、既に引退を発表しているCraig Mundie氏も2014年まではコンサルタントを勤め、その後引退する。なお、Microsoft Research創設者Rick Rashidは長年にわたる研究機関での職務を終え、OS研究者として元の分野に戻り、Operating System GroupでOSのイノベーションを行う新しい役職に就くことも発表された。

 Ballmer氏は文章を締めくくるにあたり、多くの変化があるが、Microsoftの優秀な従業員とテクノロジーへの情熱は変わっていないことを改めて述べた上で、「我々はまだ終わっていない」と結んだ。

(青木 大我 taiga@scientist.com)