ニュース

LINE事業の2013年7〜9月期売上は99億円、うち60%がゲーム課金

 LINE株式会社は7日、2013年第3四半期(7〜9月期)の業績(社内集計値)を発表した。同期のグループ連結売上額は191億円で、前四半期比48.0%の増加だった。うち、LINE事業の売上高は99億円。

LINE事業の業績推移

 LINE事業については、今期から売上の計上方法を「ネット計上」に変更した。これは、GoogleやAppleなどアプリストア側に支払う手数料(販売額の30%)を除外し、関係する開発会社との契約に応じてLINE株式会社が受け取る金額のみを計上した額という。従来の「グロス計上」で換算した場合の額は156億円(前四半期比58.3%増)となる。なお、ネット計上対象サービスは「LINE GAME」および「LINE マンガ」のみ。

 ネット計上によるLINE売上額99億円のうち、約60%がゲーム課金、約20%がスタンプ販売による課金。その他に公式アカウント、スポンサードスタンプによる売上がある。

 メッセージ・無料通話アプリとしてのLINE利用者は世界で約2億8000万人。直近ではインドにおけるプロモーションを強化しており、同国での利用者数は1000万人以上という。また、中南米、トルコ、イタリアなどで新規ユーザーが増加傾向にあるとしている。

 プレスリリースの中で、LINE株式会社の代表取締役社長である森川亮氏は「ゲームやスタンプなどのユーザー課金を中心に売上が堅調に伸びている」「広告事業でも『LINE Free Coin』などの新サービスが高い評価を得ており、ユーザー課金と広告収入の双方がバランス良く成長している」とコメントしている。

 また、LINEはまだ投資フェーズにあると森川氏は説明しており、収益性よりもユーザー満足度やサービス品質の改善に注力するとの方針も示している。

(森田 秀一)