ニュース

参加自由、作家が自ら出版まで手がける「月刊群雛 (GunSu)」創刊

オンデマンドの紙媒体と電子雑誌を同時創刊

「月刊群雛 (GunSu) 〜インディーズ作家を応援するマガジン〜」創刊号表紙

 日本独立作家同盟は1月28日、「月刊群雛 (GunSu) 〜インディーズ作家を応援するマガジン〜」を創刊した。価格は電子版が840円、オンデマンド印刷版(紙本)が1932円。月刊で、毎月最終火曜日に発売する。

 日本独立作家同盟に加入するセルフパブリッシング(自己出版)作家の知名度向上と作品の紹介および販売促進を目的として創刊、株式会社BCCKS(ブックス)のシステムを活用してオンデマンド印刷版と電子版を同時発売した。現在BCCKSサイトで購入できるほか、今後順次、Amazon Kindleストア、Apple iBooks Store、楽天Koboイーブックストアでも電子版が販売される見込み。

 日本独立作家同盟への加入と「月刊群雛 (GunSu)」への参加は、作品の巧拙は問わない方針。プロ、アマチュア問わず参加できる。作品についても、フィクション/ノンフィクション、文章/イラスト/写真/漫画など、分野も問わないという。

 参加費も必要なく、「月刊群雛 (GunSu)」の参加者募集を開始したときに、作品を掲載したいと自ら意思表明した作家から順に掲載するというルールを採用している。収益は、あらかじめ定められた配分率に基づき、参加者に配分される(レベニューシェア方式)。

 創刊号となる2月号は、巻頭に日本独立作家同盟呼びかけ人の鷹野 凌氏による創刊の辞と、「マガジン航」編集長の仲俣暁生氏による特別寄稿文を掲載。表紙イラストはソメイヨシノ氏、ロゴマークは、宮比のん氏が担当した。

 掲載作品は、未発表のオリジナル作品枠として、晴海まどか氏、笠井康平氏、竹久秀二氏、Kurokiti氏、山田佳江氏による小説・画詩集・イラストを掲載。ほかに既刊サンプル10点と、参加者へのインタビューを収録する。

 BCCKSで購入する場合、電子版はリフロー形式のEPUBおよびBCCKS独自形式で提供。オンデマンド印刷版の判型は10インチ(W148×H192mm)で320ページ。本体価格1932円のほかに送料250円がかかる(送料はゆうメール利用、1冊購入の場合)。

 日本独立作家同盟は、2013年9月1日に鷹野 凌氏を呼びかけ人として設立された。セルフパブリッシング(自己出版)についての情報交換や作家同士の交流などを目的としたゆるやかな共同体。出版社から発行し、取次を介して書店に配本する、という伝統的な商業出版の方法以外の手段で、作品を世に送り出そうとしている人々が集う場所にしたいという。

 同盟加入者は現在100名超。同盟では現在参加者を募集しており、希望者は、Google+のアカウントで日本独立作家同盟のコミュニティで[コミュニティに参加]ボタンをクリックすることで参加できる。参加のための審査や許諾などは行っていないため、ボタンクリックのみで参加できるが、事前にGoogle+のプロフィール情報やプロフィール写真を登録しておくことが推奨されている。

(工藤 ひろえ)