ニュース

米Facebookがニュースフィード新デザインを公開

〜1年前と違って保守的なデザインにとどめる

 米Facebookは6日、ニュースフィードの新デザインを公開した。新デザインは数週間かけてグローバルに適用される。

 Facebookはちょうど1年前に全く新しいデザインを実験的に発表していたが、ユーザーに不評でリニューアルを見合わせてきた経緯がある。

 新デザインはデスクトップ版とモバイル版がほぼ同じように見えるようにした。その理由として「プラットフォーム間でより一貫性があり、簡単に使用できる」とデザインコンセプトを説明する。

 新デザインでは目新しいことはせず、ユーザーが馴染んでいるレイアウトとナビゲーションはフィードの左側がシンプルになった他はほぼ従来通りとした。写真や画像は大きめに表示し、フォントを新しくした。モバイル版のデザインは現状維持となった。

 今回のアップデートは視覚的なデザインアップデートのみで、コンテンツの表示方法、記事表示順、広告表示方法などに影響を与えることはない。

 2013年3月にFacebookがTumblrによく似た洗練されたデザインのニュースフィードを発表したときには大きな話題となった。大きく表示される写真や洗練された画面、新しいナビゲーションバーなどだ。このニュースフィードは実験的に一部ユーザーに公開された。

 しかし、その結果について今日の発表では「より大きな写真や画像は好評だった一方で、Facebook全体をナビゲートすることについては難しくなったという評価を受けた。アップデートされたデザインには、両方の長所がある。ユーザーに好評だった従来のレイアウトやナビゲーションは保持し、大きな画像や写真、それに新しいフォントを提供する。モバイル版のデザインは現状と変わらない」と説明している。

(青木 大我 taiga@scientist.com)