ニュース

ブラザー、スマホアプリと連携するバッテリー駆動のモバイルスキャナー

 ブラザー工業は、バッテリー内蔵で持ち運びに適したドキュメントスキャナー「JUSTIO MDS-820W」を6月上旬に発売する。価格はオープン価格。販売予想価格は2万3000円前後(税抜)。

「JUSTIO MDS-820W」

 今回発売される「MDS-820W」は、ドキュメントスキャナー「JUSTIO」(ジャスティオ)シリーズのモバイルタイプ。microUSB端子で充電するリチウムイオン充電池を内蔵し、1回の充電で約450枚のスキャンが可能。本体にはSDカードを搭載でき、スキャンしたデータはSDカードに保存が可能。パソコンと接続しなくてもスキャンできるようになっている。

 パソコンとの接続はUSB接続のほかに、無線LANをサポート。USBで接続しなくてもパソコンにデータを送信できる。スマートフォンでは、iOSとAndroid向けに提供される無料の専用アプリ「ScanHub」を利用して、スキャナーのSDカードに保存されたデータを閲覧できる。

 本体には液晶パネルと操作ボタンを搭載。電池残量も確認や、画質やファイル形式、データの保存先を設定できる。

 機能面では、自動サイズ検出、傾き補正、長尺読取、スキャン to Eメール添付、スキャン to OCRなどに対応する。

 読み取りは、手差しで片面読み取り。カラー、グレー、モノクロのモードでスキャンでき、解像度は最大600×600dpi(ソフトウェア補完時1200×1200dpi)。読み取り速度は、A4縦を1枚の場合、カラー300dpiで8秒。USB接続ではWindows XP〜、Mac OS X 10.7〜に対応する。

 大きさは約308×52.5×40.7mmで、重さは約480g。ボディカラーはホワイト。パッケージには4GBのSDカードやソフトキャリングバッグが同梱される。

(太田 亮三)