ニュース

「OCN モバイル ONE プリペイド」に新・3タイプ、訪日旅行者向けも

 NTTコミュニケ―ションズは、プリペイド型のモバイルデータ通信サービス「OCN モバイル ONE プリペイド」の新タイプを6月27日よりヨドバシカメラ、ドスパラ、エディオンなどの家電量販店で販売する。また、訪日旅行者向けのモバイルデータ通信サービス「OCN mobile ONE Prepaid SIM for VISITOR」の提供を6月25日に開始した。

期間型20日間タイプと容量型1GBタイプ

 今回新たに、20日間の期間型プリペイドと、1GB容量型プリペイドに加え、期間延長・容量追加パッケージがそれぞれ提供される。

 「期間型20日間タイプ」は50MB/日の高速通信(下り最大150Mbps、上り最大50Mbps)が20日間利用できる。容量超過時には速度を落とした200kbpsで利用できる。価格は2800円。また、同スペックで50日間延長が可能になる「期間延長パッケージ」が2200円で購入できる。期間延長パッケージにはSIMカードは同梱されていないため、初回パッケージとなる「期間型20日間タイプ」で利用したSIMカードを継続して利用することになる。

期間型20日間タイプ
期間延長パッケージ

 「容量型1GBタイプ」は高速通信1GBが最長4カ月間利用できる。容量を超過すると通信は利用できない。価格は3200円。同スペックで1GB追加となる「容量追加パッケージ」が2000円で購入できる。容量追加パッケージにはSIMカードが同梱されていないため、初回パッケージとなる「容量型1GBタイプ」で利用したSIMカードを継続して利用することになる。

容量型1GBタイプ
容量追加パッケージ

 いずれのタイプも、SIMカードのサイズは標準・micro・nanoが揃う。

期間型20日タイプ 容量型1GBタイプ
価格 2800円 3200円
利用期間 20日間 最大4カ月間
高速通信容量 50MB/日 1GB
容量超過時の最大通信速度 200Kbps 利用不可
追加パッケージ 50日間延長 1GB追加
追加・価格 2200円 2000円
追加・高速通信容量 50MB/日 1GB

 なお、同社では昨年12月から、1日30MB高速通信が利用できるプリペイドタイプのSIMパッケージ「初回パッケージ(30日間/3980円)」と、「延長パッケージ(50日間/2980円)」の2種類をローソンで販売している。このタイプも引き続き販売されるが、利用開始にあたってWebからの申し込みが必要となるため、使い始めるまでには1週間程度を要する。一方、今回新たに提供されるタイプは、即日利用を開始できる。

 また、プリペイド版から月額プランの「OCN モバイル ONE」に変更する場合は、新たにSIMカードを購入することなく、申込み後にそのまま利用できる。

訪日旅行者向け「OCN mobile ONE Prepaid SIM for VISITOR」

 NTTコミュニケーションズは、訪日旅行者向けのモバイルデータ通信サービス「OCN mobile ONE Prepaid SIM for VISITOR」を6月25日に発売、提供を開始した。

 「OCN mobile ONE Prepaid SIM for VISITOR」は、50MB/日の高速通信(下り最大150Mbps、上り最大50Mbps)が14日間、日本国内で利用できる。価格は3500円。1日100MBを超えると、最大200Kbpsで利用できる。SIMカードのサイズは標準・micro・nanoが揃う。サービスサイトの対応言語は、英語・日本語・中国語(7月以降)。

 利用にあたっては、まず出国前にオンラインWebサイト「NTT Com Store」で手続きを済ませ、受け取りは日本国内の空港内郵便局またはホテルのフロントなどで行う。受け取り後は、空港やホテルにあるFree Wi-Fiエリアでパッケージに記載のサービスサイトにアクセスし、SIMカードを挿してAPN設定を行えば即日利用可能になる。

 訪日旅行者向けには、延長パッケージは用意されない。今後は、販売国や対応言語、オプション機能などサービスを拡大していくとしている。

※価格はいずれも税別

(川崎 絵美)