ニュース

JAL、国内線での機内Wi-Fiサービスを7月23日より開始

「JAL SKY Wi-Fi」ロゴ

 日本航空株式会社(JAL)は、国内線での機内インターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」を7月23日より開始すると発表した。日本の国内線では初としている。

 7月23日時点で導入される路線は、東京(羽田)=大阪(伊丹)線、東京(羽田)=福岡線、東京(羽田)=函館線の3路線。「JAL SKY NEXT」仕様機での運行便で利用できる。また、8月からは、東京(羽田)=札幌(新千歳)線の一部に導入を予定している。

 7月23日21時ごろより、予約・空席照会画面でJAL SKY NEXT便の照会が可能になる。当該機体には出入口付近や機内の壁などにJAL SKY Wi-Fiロゴを表記する。

予約・空席照会画面例
「JAL SKY Wi-Fi」の機体表示

 JAL SKY Wi-Fiでは、機内エンターテインメントと機内インターネット接続の2サービスを展開。機内エンターテインメントは、手持ちのスマートデバイスやノートPCなどで、ビジネス番組などの映像コンテンツやJTBパブリッシング社の観光地情報(SKYるるぶ)を無料で閲覧できる。

「JAL SKY Wi-Fi」ポータルサイトイメージ
観光地情報サイト「SKYるるぶ」イメージ

 機内インターネット接続では、米gogoの衛星接続サービスを利用したインターネット接続ができる。料金(税込)は、時間制プランが利用時間30分で400円。フライトプランでは飛行距離によって3種類あり、500円(450マイル以下の場合)から。フライトプランでは、スマートフォンと、タブレット/ノートPCで料金に違いがある。

【時間制プラン(路線、使用機器問わず均一料金。税込)】
対象機器 利用時間 利用料金 対象路線
すべての機器 30分 400円 サービス提供全路線
【フライトプラン(1フライト料金。使用時間制限なし。税込)】
対象機器 450マイル以下
(羽田=伊丹ほか)
451-650マイル
(羽田=福岡ほか)
651マイル以上
(羽田=那覇ほか)
スマートフォン 500円 500円 700円
タブレット、ノートPC 500円 700円 1200円

 なお、通信衛星を利用するため、動画など通信容量の大きなデータの通信には適していないとし、サービス開始時は、一定の通信速度を確保するため、同時に接続できる端末数を制限するとしている。

(山川 晶之)