ニュース

250mメッシュで降水域を解析・予測する「高解像度降水ナウキャスト」、7日より提供開始

 気象庁は7日、降水域の分布を高い解像度で解析・予測する「高解像度降水ナウキャスト」の提供を開始した。

PCブラウザー版「高解像度降水ナウキャスト」
スマートフォンブラウザー版「高解像度降水ナウキャスト」

 従来、1km四方でしか予測できなかった降水域の分布を、250m四方まで高解像度化。より詳細に降水状況の把握が可能になる。分布予測は5分ごとに30分先まで提供。なお、35〜60分先までの予測は、1km四方となる。

 高解像度降水ナウキャストの提供にあたり、気象庁では、2012年度から全国20カ所のドップラーレーターの処理装置を更新したほか、強い降水域の解析・予測技術を高度化した。また、気象庁・国土交通省・地方自治体が保有する、全国約1万カ所の雨量計の観測データなども活用し、精度を高めている。

(山川 晶之)