ニュース

Google、中高生の「ウェブレンジャー」隊員を募集、ミッションは(斬新な)ネットの安心・安全作戦

 グーグル株式会社のウェブレンジャー作戦本部は18日、インターネットの安心・安全を推進する「ウェブレンジャー」を中学生・高校生・高等専門学校生から募集すると発表した。

 「ウェブレンジャーのミッションは、斬新なアイディアで地球の人々がインターネットを安心・安全に利用するための作戦を計画し、遂行することである。そして作戦の概要及び結果を収めた動画を作成し、YouTubeで公開してくれたまえ。」(ウェブレンジャー作戦本部)

 募集要項・参加規約などは「Google ウェブレンジャー」のサイトで公開しており、同サイトより登録を受け付けている(保護者の承諾が必要)。登録締め切りは4月23日19時。1〜3人でチームを構成可能だ。希望者を対象としたトレーニングセッションも、3月21日に東京で、3月22日に大阪でそれぞれ開催する。

 活動報告の締め切りは5月14日19時。優れたプロジェクトを実施したウェブレンジャー(最大5組)には「アンバサダー賞」を授与し、6月にウェブレンジャー作戦本部において表彰式を行う。審査基準は「伝えたいメッセージが明確か(Message)」「伝える方法がユニークでイノベーティブか(Innovative)」「多くの人に伝わったか(Impact)」。

 グーグルによると、ウェブレンジャープログラムは海外でも実施されており、イスラエル、インド、ニュージーランドなど、世界中でウェブレンジャーが活躍しているという。

(永沢 茂)