ニュース

Twitter、つぶやける文字数が1文字減る仕様変更、t.coリンク全HTTPS化による「s」のため

 米Twitterがツイートの140文字制限をとっぱらうことを検討しているとの一部報道があるが、その一方で、近日中にユーザーに影響してくる出来事として、ツイートする比較的多くのシチュエーションにおいて、つぶやける文字数が1文字減るセキュリティ仕様変更が行われる。短縮URL「t.co」の全HTTPS化によるものだ。

 Twitterでは、ツイートに含まれるURLのリンクはすべてt.coに短縮して扱われ、「http://t.co/<10けたのユニークな文字列>」に変換されるため、どんなに長い/短いURLもツイートで消費される文字数は22文字ということになる。ただし、HTTPSサイトのURLをつぶやいた場合は、t.coのリンクもHTTPSの「https://t.co/<10けたのユニークな文字列>」となり、1文字多い23文字だ。

 それが今回、Twitterはt.coのリンクをすべてHTTPS化することを発表。すなわち、ツイートに含まれるのが非HTTPSサイトのURLであっても、t.co短縮後は「https://t.co〜」となり23文字消費するかたちになる。

 なお、この仕様変更は10月1日以降の新しいリンクから適用するという告知が9月にあったが、10月7日時点でまだ反映されていない。日本法人のTwitter Japan株式会社に確認したところ、少し先送りとなり、11月から適用する予定ということだ。

「Twitter.com」のツイート入力ウィンドウでは、URL(と認識された文字列)が入力されると、それがHTTPSサイトであれ、非HTTPSサイトであれ、23文字としてカウント。残り文字数のカウンターが23減る。このほか、画像付きツイートの画像なども、アップロード先サイト(https://twitter.com/)のURLとして扱われるため、23文字に相当する

(永沢 茂)