ニュース

縦書きのウェブデザインを競うコンテスト「縦書きWebデザインアワード」開催

 縦書きWeb普及委員会は12日、「縦書きWebデザインアワード」を開催すると発表した。応募期間は2016年1月〜2月で、結果発表・表彰式を3月に行う。

 ウェブにおける縦書きの普及促進を目指し、インターネット上のデザイン表現を多彩にするために開催するもの。「CSS writing-mode」を利用した縦書きのウェブサイトを募集し、優れた縦書きウェブデザインを選考する。

 部門は、素材を問わない「自由部門」、主催者側で提示した画像やテキストなどの素材を縦書きウェブサイト化する「課題部門」、自由部門・課題部門で応募した高校生以下の作品を特別枠で審査する「高校生以下の部」で構成される。

 個人またはチーム単位(法人不可)であれば、年齢や職業、国籍を問わず誰でも応募可能。新規に制作したウェブサイトだけでなく、既存の横書きウェブサイトや、企業・学校のサイトを縦書きにリデザインしたものを応募することもできる。

(山川 晶之)