ニュース

小中高生の携帯・スマホユーザー、3割がネット上で小遣い稼ぎ、高校生では男子8割・女子7割

ちなみに親は6割

 デジタルアーツ株式会社は、「第9回未成年者と保護者のスマートフォンやネット利活用における意識調査」の結果を発表した。

 携帯電話・スマートフォンを持つ小学4年生〜高校生618人を対象に、1月8〜14日にインターネット調査を実施した結果、30.7%がネット上で小遣い稼ぎをした経験があると回答。高校生に限れば、男子で79.6%、女子で68.9%に上る。

 小遣い稼ぎの内容としては、「ポイント交換」が76.8%、「自分の使用していた品物などの物品を販売」が12.6%、「動画や写真を投稿して再生回数・閲覧回数に応じて稼ぐ」が8.9%、「原稿作成・経験や知識の販売」が2.6%、「ブログでアフィリエイト収入」が2.1%、「LINEスタンプ作成」が1.6%など。

 1カ月あたりの小遣い稼ぎの金額は、1万円未満が86.8%、1万〜2万円未満が6.3%、2万〜3万円未満が2.1%、3万〜4万円未満が1.6%、5万円以上が3.2%、。平均は1万855円。

 小遣い稼ぎをはじめた理由として、「お小遣いはあるが、追加で自由に遊ぶお金が欲しいから」が47.4%で最多。以下、「自分の好きな時間、好きなペースで稼げるから」が33.2%、「お小遣いを自分で稼がないといけないから」が30.5%、「空いた時間がもったいないから」が22.1%、「家計の足しになるから」が11.1%、「近くで自分にあった条件で働ける場所がないから」が9.5%、「友達に薦められて興味を持ったから」が2.6%。

【追記 2016/2/24 12:20】
 なお、本調査は未就学児〜小学3年生の子供を末子に持つ保護者595人にも実施しており、60.3%がネット上で小遣い稼ぎの経験があると回答。小遣い稼ぎの内容は「ポイント交換」が75.5%と最も多く、1カ月あたりの平均金額は1万4325円で、子供全体の平均金額よりも高い結果となった。小遣い稼ぎをはじめた理由は、「家計の足しにしたいから」が38.7%で最多。

(磯谷 智仁)