プレスリリース

「プレスリリース」コーナーでは、企業や団体などのプレスリリース(報道用発表資料)をそのまま掲載しています。株式会社インプレスは、プレスリリース記載の内容を保証するものではありません。また、プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。閲覧いただく時点では変更されている可能性がありますのでご注意ください

「IPAサイバーセキュリティシンポジウム2017」2月8日開催、参加登録受付開始

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、2月8日(水)に東京(日本橋)で開催する「IPAサイバーセキュリティシンポジウム2017」の参加登録受付を本日から開始いたします。このシンポジウムでは基調講演において、今後、経営者が備えておくべきサイバーセキュリティ対策の教訓とITガバナンスの強化の考え方を示すほか、サイバーセキュリティの先進国であるエストニアの元大統領を迎え、パネルディスカッションなどを行います。
 https://www.ipa.go.jp/about/event/cyber-security2017/

 2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催を控えている我が国は、世界各国から注目が高まる一方で、サイバー攻撃の激化が懸念されています。こうした状況下では、社会を構成する企業など組織の一つひとつが、サイバー攻撃に備えていくことが必要です。また、特にかねてより指摘されているサイバーセキュリティ人材の不足への対処が急務です。

 このような情勢を踏まえ、IPAでは“サイバーセキュリティ人材2020年3万人確保に向けて”を掲げ、企業など組織運営に携わる方々に広く理解を深めて頂くため「IPAサイバーセキュリティシンポジウム2017」を開催します。

 基調講演には、講演者に内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 政府CIO補佐官根本直樹氏、および株式会社ベネッセインフォシェル 代表取締役社長 丸山司郎氏を迎え、経営者が備えておくべきサイバーセキュリティ対策の教訓とITガバナンスの強化をテーマに行います。
 このほか、モデレータに慶応義塾大学 環境情報学部長 教授 村井純氏を迎え、デジタルエコノミーとサイバー空間のあり方をテーマにパネルディスカッションを行います。このセッションにはパネリストとしてサイバーディフェンスリーグを有し、サイバーセキュリティの先進国であるエストニアから元大統領 トーマス・ヘンドリク・イルヴェス氏の登壇などを予定しています。

 また、午後のパネルディスカッションでは、来期新たな事業として設置が予定されている“産業系サイバーセキュリティ推進センター”について詳しく触れる予定です。そのほかのセッションなど詳細は末尾のURLからご確認ください。

名 称:IPAサイバーセキュリティシンポジウム2017
日 時:2017年2月8日(水)[開場 8:45(予定)]
会 場:ベルサール東京日本橋(中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー)
主 催:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
後 援:サイバーセキュリティ戦略本部、経済産業省、情報通信研究機構、他(予定)
参加費:無料(事前登録が必要です)

◆講演プログラムの詳細、およびお申込みは下記URLをご参照ください。
https://www.ipa.go.jp/about/event/cyber-security2017/

◆プレスリリースは下記のURLからご覧になれます。
 https://www.ipa.go.jp/about/press/20170111.html