記事検索
特別企画

画像で見る「ノートン インターネット セキュリティ 2011」


 シマンテックが8月末に発売したセキュリティソフトの新製品「ノートン インターネット セキュリティ 2011」の主要機能や操作画面を画面キャプチャーで紹介する。なお、機能や価格などの詳細については、本誌8月25日付記事を参照してほしい。

メインの管理コンソール。「ノートン オンライン ファミリー」「ノートン オンラインバックアップ」「ノートン セーフウェブ」などのサービスもここから利用できる メインの管理コンソール。画面下にある右から3番目のアイコンをクリックすると、「ノートン オンライン ファミリー」へのログイン画面が表示される
メインの管理コンソール。画面下にある右から2番目のアイコンをクリックすると、「ノートン オンラインバックアップ」へのログイン画面が表示される メインの管理コンソール。画面下にある1番右のアイコンをクリックすると、「ノートン セーフウェブ」によって、ウェブサイトを参照する前にサイトの安全性やリスクを確認できるようになる
スキャンの選択画面。感染しやすい領域をスキャンする「クイックスキャン」、コンピューター全体をスキャンする「システムの完全スキャン」、ユーザーが指定する領域をスキャンする「カスタムスキャン」が選べる コンピューター上のすべてのプログラムと実行中のプロセスの信頼レベル、経過日数、普及率を調べられる「評価スキャン」
「評価スキャン」のスキャン結果。ユーザーのシステムのレピュテーション(評価)を、世界中のノートンユーザーで構成される「ノートン コミュニティ ウォッチ」の平均値と比較できる コンピューターで使われているファイルの信頼度を評価する「ノートン インサイト」。スキャンの必要がない「信頼ファイル」を識別する。「信頼ファイル」を繰り返しスキャンする必要がなくなり、コンピューターの動作が速くなるという
ファイルのダウンロード/実行日時、ウイルススキャンの実行日時など、コンピューターで発生したイベントをグラフで表示する「ノートン システムインサイト」
コンピューター内のファイルの詳細を表示する「ノートン ファイルインサイト」では、コンピューターのパフォーマンスに負荷を与えるファイルのアラートを出してくれる アラートの「詳細と設定」をクリックすると、ファイルの詳細がわかる
ノートン製品がインストールまたは起動できない場合に、コンピューターを元の状態に戻す「ノートン ブータブルリカバリツール」のインストール画面 「ノートン ブータブルリカバリツール」の操作画面
通常のウイルススキャンでは検出できないマルウェアを除去する「ノートン パワーイレイサー」の操作画面

関連情報

(増田 覚)

2010/9/9 06:00