記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

NHK大河ドラマ全50作品のあらすじページが「どーもくん」だらけに

【2010/12/7】

NHK大河ドラマ全50作品のあらすじページが「どーもくん」だらけに

 先日放映が終了したNHK大河ドラマ「龍馬伝」。本放映中はもちろん、再放送でも速報のテロップが入ってしまったこともネット上では話題となっていたが、この「龍馬伝」をはじめとするNHK大河ドラマ全50作品のあらすじを紹介したNHKの一覧ページが、一部で話題となっていた。その理由は、アイコンになっているキャラクターがNHKのマスコットキャラ「どーもくん」で埋め尽くされていること。龍馬や篤姫、独眼竜政宗などの格好をしたどーもくんの姿は非常にシュールで、画像をひとつずつ保存したくなる出来だ。どーもくんは海外で大人気であることが知られているが、ひょっとすると今回のアイコン、これら大河ドラマを海外に売り込むための戦略の一環なのかもしれない。

◇大河ドラマ 一覧(NHK)
http://www9.nhk.or.jp/taiga/catalog/index.html

(tks24)

猫の視点で書かれた、SF映画「エイリアン」のレビューに注目集まる

 AmazonのDVDに書かれたとあるレビューが、ひょんなことから注目を集めていた。その作品とはSF映画の名作「エイリアン」なのだが、そのレビュー、密閉された宇宙船内で異星生物と戦う怖さ満点のストーリーはそっちのけで、劇中に登場する猫だけをピックアップして書かれているのだ。「エイリアンとガチンコで睨みあいをして負けません」「くだらないいがみ合いをして墓穴を掘るヒト科の生き物とは一味違います」「冷凍睡眠に入る際にはとってもおとなしいです。良い子です」など、ホラーを超えた怖さと言われる「エイリアン」らしからぬ癒し視点で、ブログ「ねこメモ」にも取り上げられるなど大人気だ。ちなみにこのレビュアーの「ヘリカル」氏は、ほかにも「エイリアン2」や「新13日の金曜日 PART5」、「日本海大海戦」といったシリアス系作品でも、猫にフィーチャーした癒し系レビューを披露している。猫派の人はチェックしておいて損はないだろう。

◇「エイリアン」のレビューが猫視点で書かれていておかしい(ねこメモ)
http://nekomemo22.blog99.fc2.com/blog-entry-3270.html
◇エイリアン [DVD](Amazon.co.jp)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000A0K5AA
◇新13日の金曜日 PART5 [DVD](Amazon.co.jp)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000RXXY8K
◇日本海大海戦 [DVD](Amazon.co.jp)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000WEWGDS

(tks24)