記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

「ザクとうふ」を容器を再利用してシャア専用を作ってしまったユーザー ほか

【2012/4/6】

「ザクとうふ」を容器を再利用してシャア専用を作ってしまったユーザー

 ガンダムに登場したモビルスーツ「量産型ザク」をモチーフにした「ザクとうふ」が先月末から爆発的に売れているらしい。発売元である相模屋食料によると品切れが続出し、増産のために生産ラインの拡大を検討しているのだとか。こうなると気になるのが、この「ザクとうふ」は果たして量産型ザクだけなのか、という疑問。ザクをモチーフにしたグッズはその多くでシャア専用ザクもセットで用意されることが多いのだが、発売元のメーカーがそこまで考えているのかは今のところ不明だ。そんな中、やはりというか、ユーザー側でこのシャア専用ザク版の「ザクとうふ」を作ってしまった人が現れた。これはTwitterユーザーのsahoさんの手によるもので、「ザクとうふ」の容器にイチゴのババロアを流し込んだとのことで、つまるところ「ザクババロア」。イチゴを使ってツノの飾りもしっかりと再現されており、色使いもなかなかリアルだ。ギャラリーからは「シャアザクの方が美味しそう」「これだと3倍ウメェのかな」「これはいい再利用」などとあちこちから反響が寄せられていた。はたしてこの先、市販品でシャア専用ザク版は登場することになるのだろうか。刮目して待ちたい。

◇該当の写真(Twitpic)
http://twitpic.com/95flm6
◇増産せよ!ザクとうふバカ売れ(nikkansports.com)
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20120403-927936.html

(tks24)

志望者でなくてもタメになる、漫画家のアシスタント試験の評価ポイントとは

 漫画家の佐藤秀峰氏といえば、「海猿」や「ブラックジャックによろしく」などの作品で知られる一方、漫画をオンラインで読める「漫画 on Web」を運営していることでも知られる。ネットでの情報発信やUSTでの中継にも積極的な同氏だが、今回Twitterなどを中心に話題になっていたのが、同氏が行なっているアシスタント試験の内容と、その評価ポイントについての解説。倉庫の写真からトレースして背景を作画するという内容なのだが、非常にわかりやすくポイントが解説されており、漫画家およびアシスタント志望者でなくても、時間などの制限がある中で何にポイントを絞るべきなのかがわかる、興味深い内容となっている。ネットでは「漫画でもイラストでもデッサンでも参考になると思う」「やっぱイメージって大事なんだなぁ」「勉強になります」などといった感想が上がっていた。

◇漫画家・佐藤秀峰さんのアシスタント試験解説がすごい(NAVER まとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2133360769420349501

(tks24)