記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

ネタかと思ったらガチだった「家にF18が突っ込んできたけど質問ある?」がすごい ほか

【2012/4/12】

ネタかと思ったらガチだった「家にF18が突っ込んできたけど質問ある?」がすごい

 「◯◯だけど質問ある?」というフォーマットはネット掲示板ではすっかりお馴染みだが、まれにものすごくレアな経歴や体験を持つ人が降臨していて驚かされることがある。今回海外の掲示板で話題になっていたのが「昨日家にF18が突っ込んできたけど質問ある?」という内容のスレッド。先日国内でもニュースとして報じられた、米バージニア州の住宅地に戦闘機FA18が墜落したという事件の、まさにその被害者による投稿だ。幸いにして命には別状はなかったものの賃貸住宅は全壊し今はホテル暮らしというこの投稿者、ワールドワイドに寄せられる質問に対して丁寧に回答している。「賃貸保険に入ってるけど(補償が出るまで)半年くらいかかるみたい」「友人には僕が色々と知りすぎたから政府が僕を抹殺しようとしたんじゃない? って言われたよ」など、文字通りの生の声に対してネット上では「タイトルで不謹慎ネタかと思ったらガチだったという」「まあなかなかできる経験ではないわな」といった声が上がっていた。こうした体験談を直接聞けてしまうのがネットのすごいところだろう。

◇「昨日我が家にF18が突っ込んできたけど何か質問ある?」海外の反応(暇は無味無臭の劇薬)
http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/5388690.html

(tks24)

エスカレーター好きの人のエスカレーター専門サイトがエスカレーター小説を公募

 「東京エスカレーター」というサイトをご存知だろうか。日本全国あちこちの芸術的なエスカレーターの写真を収集している、エスカレーター好きの人のためのエスカレーター専門サイトで、読者からの評判も「特定のものに視線を向けるってすごくいい」「こういう目の付け所が凄く好き」となかなかのものだ。さて今回、このサイトに併設されている管理人氏のブログ「東京エスカレーターガール」が、オリジナルの小説・漫画の募集を始めたことが話題になっていた。条件はたったひとつ、最終的に「女の子がエスカレーターをのぼっていくところで終わる」話であること。サイト同様なかなかのマニアックなテーマだ。近頃はあまり見かけなくなったワンテーマ集中型のサイトだけに応援したいところ。ちなみに〆切は今月末を想定しているとのことだ。

◇【上昇賞】女の子がエスカレーターをのぼっていくところで終わるオリジナルの小説・漫画を募集します。(東京エスカレーターガール)
http://www.tokyo-esca.com/blog/archives/2012/04/11210000.html
◇東京エスカレーター
http://www.tokyo-esca.com/esca/

(tks24)