Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

WIDEとJPRS、首都圏災害に備えてDNSサーバーを大阪に分散


 WIDEプロジェクトと日本レジストリサービス(JPRS)は5日、JPドメインのDNSサーバーの本格的な分散運用を大阪において開始したと発表した。首都圏に集中しているJP DNSサーバーを地理的/ネットワーク的に分散させることで、首都圏の災害時における安定性の向上を図る。

 JP DNSサーバーは現在、JPRSなどにより6台が運用されており、そのうちの1台がWIDEによって運用されているものになる。これが2002年3月、大阪に地理的に移設されたのに続いて、今回ネットワーク的にも分散された。具体的には、NSPIXP-3に加えて、インターネットマルチフィードの商用IX「JPNAP大阪」に接続。サーバーのIPv4アドレスも変更され、首都圏に施設が多く集中しているWIDEの基盤から独立して運用できる体制が整えられた。

 さらに、JP DNSサーバー名の統一名称「A〜F.DNS.JP」への移行も開始された。WIDEが大阪で運用するサーバーは「E.DNS.JP」に変更され、残る5つについても8〜9月にかけて変更される予定だ。従来の「ns.wide.ad.jp」などに比べて名前が短くなることで、DNS処理の効率化が図られるとしている。


関連情報

URL
  WIDEプロジェクトのニュースリリース
  http://www.wide.ad.jp/news/press/20030805-dns-jp-j.html
  JPRSのニュースリリース
  http://jprs.co.jp/press/030805.html
  関連記事:【N+I 2003レポート】首都圏停電でも「m.root-servers.net」は大丈夫
  http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0702/ni5.htm


( 永沢 茂 )
2003/08/05 16:11

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.