Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

日本郵政公社、社内LANシステムが「Blaster.D」に感染したと報告

〜社内事務システムのみで外部への影響はないとのこと

 日本郵政公社は19日、同社の社内LANシステムがウイルス「Blaster.D」に感染したと報告した。

 感染が発覚したのは公社の社内LANシステムで、本社および10支社(北海道、東北、南関東、東京、信越、北陸、東海、近畿、中国、四国)が接続しており、感染したという。社内LANシステムは、社内事務にのみ使用しているため、外部への影響はないとしている。感染した本社および10支社では、すべての端末をLANから切り離し、個別駆除対応を行なっているとのこと。

 なお、感染源や原因については現在のところ特定できていないという。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/sonota/030819j901.html

トレンドマイクロ、ウイルス「Blaster」に関するセミナー実施(2003/08/20)
シマンテック、「Blaster.D」が社内ネットワーク混雑させていると警告(2003/08/20)
わざわざ修正パッチを当ててくれる“親切な”Blaster亜種が登場(2003/08/19)


( 大津 心 )
2003/08/20 20:40

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.