Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

迷惑メールが地球上の全メールの50%を超えた〜米Brightmail調査結果


調査報告するBrightmail社のサイト
 迷惑メール対策企業の米Brightmailは20日、2003年7月時点でインターネットを通して送受信されるすべてのメールのうち迷惑メールが少なくとも50%を占めているとの調査結果を発表した。

 Brightmailは全世界のメールトラフィックのうち約10%をフィルタリングしており、フィルタリングしたメールのうち半数を超える610億メールを迷惑メールと認識した。Brightmailが扱っているトラフィックの量から考えて、この数字は統計的に信頼に足るものだと同社は主張している。

 Brightmailの社長兼CEOであるEnrique Salem氏は「今年初め、Brightmailは2003年の終わりまでに迷惑メールの量は全インターネットメールの50%に達するだろうと予測しており、この7月に実際に到達した。わずか2年足らずで迷惑メールは全メールトラフィックの8%から半分にまで増加し、我々はこのトレンドは今後も続くと考えている」と予測した。

 このように迷惑メールが増加し続ける理由について、Brightmailでは迷惑メールが“儲かる”ビジネスであることを指摘している。迷惑メール業者は、数百万のメールを送信するのと、メール1通送るのをほぼ同じコストで可能だ。その上、迷惑メールを送るのに必要なハードウェアやメールアドレスのリスト、送信ソフトなどは比較的安価に購入できる。そのため、送信した迷惑メールのわずか数通に対して反応があれば、迷惑メール業者がもうかる仕組みになっているからだと分析している。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.brightmail.com/pressreleases/082003_50-percent-spam.html


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2003/08/21 12:13

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.