Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

米Microsoft、IEの仕様変更必須か〜特許訴訟敗訴で


 W3Cは、MicrosoftのWebブラウザInternet Explorerの仕様が変更されるかもしれないとする報告を発表した。MicrosoftはEolasとの特許侵害訴訟において、損害賠償として5億2,000万ドルの支払いを命じる判決を受け敗訴したが、この判決を受けた対処がなされる可能性があるという。仕様の変更は、敗訴した部分のみならず、それによって影響を受ける点も含むようだ。

 W3Cは、Microsoftの敗訴判決の後、8月17日にMicrosoftの関係者と今後の対策について話し合ったという。Internet Explorerは、W3Cにとっても最も影響力のあるブラウザであるだけに、その内容は可能な限り影響を最小限にする目的で行なわれた。

 Eolasが特許侵害訴訟で用いた米国特許5838906号は、Active Xに最も関係がある技術で、分配されたハイパーメディア文書にオブジェクトを埋め込む技術に関連する。訴訟ではMicrosoftを訴えたEolasであるが、W3Cに対しては特にアクションを取っておらず、その点も、MicrosoftとW3Cの懸念のようだ。

 最も簡単な手法としては、Active Xを別のプログラムに置き換えることであるが、具体的内容については、近々詰めることになるとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(W3C、英文)
  http://www.w3.org/2003/08/patent


( Gana Hiyoshi )
2003/09/04 16:28

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.