Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

行き交うメールの半分はスパムメール〜米Gartner調査


 米調査会社のGartnerは29日、2003年に行き交ったメールのおよそ50%はスパムメールであったという報告書をまとめた。2004年半ばには、この比率は60%まで上昇するものと予測している。

 この調査「Marketers Can Differentiate E-Mail From Spam」では、販売業者が消費者に対してメールによる効率的な販促活動を行なうための分析がなされている。報告書によれば、2005年にはコンテンツマネージャーやISPなどが、事前に受信許可をしているオプトインメールも含め、80%のメールマーケティングをブラックリスト化するだろうと予測。

 一方で、メールによるマーケティングは、効果的に使えば15%近い消費者のレスポンスを得られることがあり、さらに企業は消費者のリアルタイムな情報で、彼らが何を欲しているかを分析することも可能だという。

 GartnerのインダストリーアナリストであるAdam Sarner氏は、「2004年末には80%以上の企業が少なくとも一度は何らかのメールキャンペーンを実施するだろう。それゆえ、メールを使ったキャンペーンとスパムメールを区別する方法を考え出さなくてはならない」とコメントしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www4.gartner.com/5_about/press_releases/pr29sept2003a.jsp


( 岡田大助 )
2003/09/30 12:20

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.