Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

警察庁、TCP445番ポートに対するトラフィック増加を警告


 警察庁は20日、主に北米地域を発信元とするTCP445番ポートに対するトラフィックの増加を検知したと発表した。

 TCP445番ポートは、主にWindows XP/2000におけるWindowsネットワークのファイル共有などに利用されており、このポートが外部ネットワークからアクセスできる場合、ファイルが不正に閲覧される可能性がある。また、445番ポートは、9月に発見されたWindowsの脆弱性「MS03-039」などでも利用されているため、セキュリティ修正プログラムを当てていない場合は、さらに警戒が必要だ。

 警察庁によると、トラフィック増加の原因は特定されていないが、Windowsユーザーは被害防止のためにファイル共有の設定を確認するなど、十分に警戒するよう警告している。


警察庁が発表したTCP445番のトラフィック状況。19日の21時ころからトラフィックが急増していることがわかる

関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.cyberpolice.go.jp/important/20031020_081629.html

ISS、「MS03-039」の修正パッチでは防げないRPC脆弱性があると指摘(2003/10/15)
警察庁、脆弱性「MS03−039」を攻撃するプログラムを警告(2003/09/17)
Windows RPCSSに任意のコードが実行される脆弱性「MS03-039」(2003/09/11)


( 大津 心 )
2003/10/20 12:22

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.