Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「MS03-042」や「MS03-043」のパッチに不具合があり修正される

〜特定の環境化で適用中にハングアップする不具合を修正

 マイクロソフトは30日、「MS03-042」や「MS03-043」、「MS03-045」の3種類のセキュリティ修正プログラムの問題を発見し、これを修正したセキュリティ修正プログラムを再リリースした。現在、同社Webサイト上からダウンロードできる。

 この問題は、16日に公開された「MS03-042」「MS03-043」「MS03-045」のセキュリティ修正プログラムの「Update.exe」に問題があり、特定の環境化ではセキュリティ修正プログラム適用中にハングアップしてアップデートが完了しないというもの。影響を受けるOSは、「MS03-042」がWindows 2000、「MS03-043」と「MS03-045」がWindows Server 2003/XP/2000/NT 4.0。

 30日に公開された新しいセキュリティ修正プログラムでは、この問題を解決しているため、適用時にハングアップしてアップデートできなかったユーザーは、新たに公開されたセキュリティ修正プログラムを適用すればよい。

 一方、30日に公開された新しいセキュリティ修正プログラムはこの「Update.exe」の問題を修正しただけであり、16日に公開されたセキュリティ修正プログラムでも、セキュリティ上の問題はないため、既に「MS03-042」「MS03-043」「MS03-045」を適用済みのユーザーは新しいセキュリティ修正プログラムを適用する必要はない。


関連情報

URL
  マイクロソフトサポート技術情報-830846
  http://support.microsoft.com/?kbid=830846

関連記事
Windowsに任意のコードが実行される緊急の脆弱性など5種類を公開(2003/10/16)


( 大津 心 )
2003/10/31 17:25

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.