Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

NTT東日本、「フレッツ・ADSL モアII」を下り最大40Mbpsに高速化


 NTT東日本は、「フレッツ・ADSL モアII」の下り伝送速度を12月17日から最大40Mbpsまで高速化すると発表した。同日からサービス提供を開始し、11月21日から一部地域を対象に申し込みを受け付ける。

 今回のサービスは、下りに利用する周波数帯域を従来の2.2MHzから3.75MHzまで拡張する、イー・アクセスのADSLプラスQと同様のクアドスペクトラム技術を採用することで、フレッツ・ADSL モアIIの下り転送速度を最大40Mbpsへの拡張を実現。

 これまでフレッツ・ADSL モアIIを利用しているユーザーは、現在使用している24Mbps対応モデムを40Mbps対応モデムに交換することで、下り40Mbpsでの接続サービスに対応可能となる。なお、NTT東日本では、機能拡張による速度向上が見込まれる領域は伝送損失が20dB以下の環境としており、伝送損失が20dB以上の環境下では24Mbps対応モデムの利用を推奨している。

 料金はフレッツ・ADSL モアIIから据え置きとなり、月額料金が電話を共有するタイプ1で2,750円、データ通信専用のタイプ2で4,950円。またモデムレンタル利用料はタイプ1で540円、タイプ2で490円と50円値上げされるが、モデム交換手数料は発生せず、工事費用はユーザー自身で取り付けを行なえば無料となる。

 なお、40MbpsサービスでIP電話を利用する場合は、IP電話対応ルータやVoIPアダプタなどは外付け機器での利用となる。NTT東では、40Mbps対応のIP電話対応モデムおよびIP電話対応ルータを2004年2月に販売予定としている。

 申し込み受け付けは、12月17日〜2004年1月19日までの40Mbps対応地域のユーザーを対象に行なわれ、フレッツ公式Webサイトまたは局番なしの「116」にて対応する。なお、今回同時に「フレッツ・ADSL モアII アドバンスドサポート」および「フレッツ・ADSL ビジネスタイプ」も下り最大40Mbps対応を発表した。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.ntt-east.co.jp/release/0311/031119.html

関連記事
イー・アクセス、下り最大40MbpsのADSLサービス「ADSLプラスQ」(2003/10/01)


( 大久保有規彦 )
2003/11/19 17:02

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.