Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ACCSにDoS攻撃? Webサイトが3月1日から3日まで閉鎖


 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は4日、「大量のアクセスが発生した」ために、3月1日深夜から3日午前にかけてWebサイトを閉鎖していたことを公表した。ACCSによると、3月1日深夜にWebサーバーに対して大量のアクセスが発生し、翌2日から3日の午前中にかけて攻撃は続いたという。

 4日現在、大量アクセスはなくなったものの、サーバーの症状からウイルスに感染したことも考えられるため、当面は「個人ユーザーのアクセスが多い時間帯を配慮」し、夜間はサイトを閉鎖することにした。8日朝までの間は、21時から9時にかけてサイトを閉鎖し、原因究明を急ぐ。ウイルスに原因を特定せず、DoS攻撃用ツールなどについても調査を進めるという。

 ACCSでは、同協会の運営するWebサイト「著作権・プライバシー相談室〜ASKACCS」から個人情報約1,200件を引き出した国立大学研究員の男性を相手取り、26日付で損害賠償訴訟を起こしている。今回のDoS攻撃との関連については、「日付が近いので、関連性がないとは言えない」としながらも、「相関性を示すデータもないため、断言はできない」としている。


関連情報

URL
  コンピュータソフトウェア著作権協会
  http://www.accsjp.or.jp/
  関連記事:ACCS、同社Webサイトから個人情報を引き出した男性に損害賠償訴訟
  http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/02/27/2250.html
  関連記事:「ファイル交換の状況は監視しています」〜ACCS、活動内容報告
  http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2002/0528/hotline.htm


( 鷹木 創 )
2004/03/04 20:40

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.