Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「OpenOffice.org 1.1.1英語版」がリリース、日本語版も数日中に登場


 オープンソースコミュニティの「OpenOffice.org」は1日、オフィススイートの最新版「OpenOffice.org 1.1.1英語版」を正式リリースしたと発表した。現在、同団体のWebサイト上から無料でダウンロードできる。

 OpenOffice.org 1.1.1は、OpenOffice.org 1.1.x系の最新バージョンで、509個のバグ修正に加えて、いくつかの新機能も搭載されている。今回リリースされたのは英語版だが、日本語文書ファイルの取り扱いなども可能。ただし、Windows版では一部日本語フォントが正しく出力されない場合がある不具合が確認されており、この問題の解消を含めた日本語版を、数日中にダウンロード開始できるようにするとしている。

 主な新機能には、87言語のスペルチェックや禁則ルール、類語辞典をダウンロードできる「OOoDicオートパイロット」機能の実装。CADで使われる標準的なファイルフォーマットである「DXFファイル(R14以降)」のインポートが日本語に対応した点などが挙げられている。

 対応プラットフォームは、Windows XP/2000/NT/Me/98、GNU/Linux(X86およびPowerPC)、Solaris(SPARCおよびX86)、FreeBSD(5.2.1〜RELEASE)、Mac OS X for X11(プレビュー版)となっている。


関連情報

URL
  リリース情報(OpenOffice.org ユーザー会)
  http://ja.openoffice.org/marketing/news/111.html

関連記事
PDFの書き出しが可能になった「OpenOffice.org 1.1 RC4」(2003/09/10)


( 大津 心 )
2004/04/01 18:16

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.