Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ユミルリンク、Flashを活用したWebサイト作成サービス「NOTA」


ブラウザでWebサイトの編集ができる
 ユミルリンクは、Flashを活用したWebサイト作成サービス「NOTA(ノータ)」を、4月15日からASP型サービスとしてISP向けに提供する。エンドユーザーが利用するためには、Internet ExplorerやNetscape、Operaなど、Flashに対応したWebブラウザとFlash Player 6.0以降が必要。価格は未定だが、「ISPには初期費用200万円から、月額15万円〜程度で提供する予定」だとし、エンドユーザーの利用料は各ISPが決めるが月額200〜300円程度で利用できる見込み。

 NOTAは、Flashを利用することで、Webサイトをブラウザ上で直接作成できるASPサービスだ。NOTA本体はISP側のサーバーにインストールされ、各ユーザーはブラウザからNOTAにアクセスする仕組み。Webサイト作成作業の終了後は、Flashで作成したファイルをHTMLファイルに自動的に変換。そのまま、インターネット上で閲覧できる状態になるため、公開サーバーに改めてアップロードする必要はない。

 Webサイトにはテキストや静止画像などの表示が可能。Flashにも対応し、掲示板やカウンターなどのプラグインも用意。ただし、MPGなどの動画やスタイルシートには対応しない。複数ユーザーでWebサイトを作成可能で、特定のユーザーに書き込み権限を与えることで、チャットのような運用もできる。このほか、見出しなどのサイト更新情報を配信するRSS(RDF Site Summary)にも対応している。

 なお、NOTAは、2004年度のIPA(情報処理機構)「未踏ソフトウェア創造事業」で採択されたプロジェクトを製品化したもの。開発者は洛西一周氏。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.ymir.co.jp/nota/040000.html


( 鷹木 創 )
2004/04/13 15:55

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.