Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Googleがバナー広告配信〜コンテンツ向けAdSenseで試験提供


 グーグルは13日、アドワーズ広告サービスにおいて、バナー形式などのイメージ広告を出稿できる機能の試験提供を開始した。Webサイトの内容にマッチした広告を配信する「コンテンツ向けAdSense」の導入サイトが配信先となっており、従来のテキスト広告と同様、Webサイトの内容に沿ったバナー広告が配信・表示される。

 イメージ広告機能で出稿できるのは、「バナー(468×60ピクセル)」「ビッグバナー(728×90ピクセル)」「レクタングル(300×250ピクセル)」「スカイスクレイパー(120×600ピクセル)」の4種類。実際にWebサイト上に表示された状態では一見すると通常のバナー広告と区別がつかないが、アドワーズのイメージ広告では、リンク先のURLをイメージ内に明記することが条件となっている。また、テキスト広告と同じ「Ads by Google」という表記が挿入されるほか、広告の精度や品質についてのコメントを閲覧者がグーグルにフィードバックできるリンクもあわせて明記される。


728×90ピクセルの「ビッグバナー」の例。左下にリンク先、右下に「Ads by Google」の表記がある

 Webサイト上でイメージ広告を表示するかどうかや、表示する位置については、コンテンツ向けAdSenseの配信を受けているWebサイトのオーナー側に選択権がある。

 通常のバナー広告との違いについてグーグルでは、外観はよく似ているものの、アドワーズのターゲット技術により、Webサイトと関連性が高く、閲覧者にとって関心が高いイメージ広告を表示できるとしている。なお、現在のところGoogleの検索結果ページへのイメージ広告掲載は行なっていないが、今後、掲載範囲を拡大していく予定だという。


関連情報

URL
  アドワーズ広告
  https://adwords.google.co.jp/select/

関連記事
Google、サイト向け広告配信プログラム「AdSense」の日本提供を公式発表(2004/01/14)


( 永沢 茂 )
2004/05/13 14:41

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.