Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

NTT Comの大規模通信障害が11時間ぶりに完全復旧

〜原因は変圧分電盤の故障か

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、5月31日15時20分に発生した通信障害について、6月1日2時59分までに全てのサービスが復旧したと発表した。

 今回の通信障害では、関東一円の企業向け通信サービス約2万回線、一部東海地方を含む関東甲信越地域のOCNサービス約15万回線が影響を受けたほか、IP電話サービス約34万番号と公衆無線LANサービス「HOTSPOT」約1,000拠点に関しては全国規模でのサービス停止となった。

 NTT Comでは、障害の原因を同社大手町ビルに設置された「変圧分電盤の故障ではないか」と分析。バックアップ設備も用意されていたが、「何らかの要因で効果的に動作しなかった」という。同社では、「引き続き原因の究明に努める」としている。

 また、今回の通信障害では官公庁や一般企業のネットワークにも影響を及ぼした。グループ会社のNTTドコモでは、PHSデータ通信サービス「@FreeD」などが5月31日15時20分から21時5分にかけてサービス停止に陥ったほか、ニュースサイト「CNET Japan」でも同日20時40分までサービスが停止する事態になっていた。


関連情報

URL
  ニュースリリース(NTTコミュニケーションズ)
  http://www.ntt.com/release/2004NEWS/0006/0601_2.html
  ニュースリリース(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/customer/caution/200453100.html
  ニュースリリース(CNET Japan)
  http://japan.cnet.com/info/040531/

関連記事
OCNのバックボーンに障害発生、15時ごろから一部でネット接続不可能に(2004/05/31)


( 鷹木 創 )
2004/06/01 12:31

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.