Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Googleの前途には厳しい競争が待ち受けている〜米Standard & Poors調査


 現時点での米Google利用者の満足度は高いものの、そのまま使い続けるという保証はなく、Googleが新しいサービス分野に進出するにしたがってYahoo!やMicrosoftなど他社との競争が激しくなっていくだろうとの調査結果を、米格付け会社Standard & PoorsのEquity Research Services部門が発表した。実際の調査はインターネット市場調査会社のInsightExpressが請け負った。

 調査によると、現時点でGoogleは高い利用率を誇っている。サーチエンジン利用者の48%がGoogleを使用しており、2位のYahoo!は20%と28ポイントも引き離されている。3位はMSNの14%、4位はAOLの7%だった。

 その上、これらサーチエンジン利用者の満足度は非常に高く、83%が「自分が利用してるサーチエンジンにきわめて満足している」と回答し、67%は「2年以上同じサーチエンジンを使用している」と回答した。しかしながらGoogleを利用している人の63%は、「よりよいサービスが登場したらサーチエンジンを変える」と回答しており、この分野で依然として激しい競争があることがわかる。

 1GBの保存容量と革新的なユーザーインターフェイスで注目を集めているGoogleの新しいメールサービス「Gmail」を利用したいかという問いに対しては、サーチエンジン利用者の8%が「とても利用したい」、15%が「利用したい」と答えるに止まっており、さほど期待度は高くない様子が見て取れる。こうしたことからStandard & Poorsでは、価格比較、ソーシャルネットワーキング、メールサービスなどサーチエンジン以外のサービスに参入した場合、Googleが激しい競争にさらされると予測している。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文、PDF)
  http://www2.standardandpoors.com/spf/pdf/media/GooglePart1_0607-04.pdf

関連記事
米Google経由でページを閲覧する割合が約41%〜米WebSideStory調査(2004/03/31)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2004/06/08 12:21

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.