Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

RFIDでコンテナ認識率99.9%以上を達成〜NTTコムウェアらの実証実験


 NTTコムウェアは22日、サン・マイクロシステムズ、大日本印刷の2社と共同で2003年10月から実施した無線ICタグ(RFID)の実証実験の結果を発表した。物流用コンテナの認識率を向上させる技術・運用ノウハウを蓄積できたことで、コンテナの認識率99.9%以上を達成したという。

 実験では、コンテナの両サイドに1カ所ずつRFIDを装着し、コンベアの両側に設置したRFIDリーダで読みとることで認識率を向上させた。また、RFIDの読み取りには光学センサーも併用し、コンテナが通過したのを光学センサーで検知したのちにリーダを動作させる工夫も施した。光学センサーが検知したにもかかわらずリーダで認識しなかったRFIDについてはコンベアを停止し、情報を手動で入力することで、運用上はRFIDの読み飛ばしをなくすことが可能だとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.nttcom.co.jp/news/pr04062201.html

関連記事
マルエツでのRFID実験、タグの一括読み取りなどに課題(2004/01/23)


( 永沢 茂 )
2004/06/22 20:32

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.