Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Hotmailの機能強化、ウイルスメール駆除機能を無料で提供、容量も250MBに

〜有料版の容量は2GBに

マイクロソフトMSN事業部コミュニケーションサービスグループの佐藤秀一シニアプロダクトマネージャ

マイクロソフト執行役MSN事業部の塚本良江部長
 マイクロソフトは、同社の提供するWebメールサービス「MSN Hotmail」の機能を強化すると発表した。7月以降、ウイルス駆除機能や容量拡大など順次行なっていく。

 今回の機能強化では、7月上旬からウイルスメールの駆除機能を追加。Hotmailで送受信されるメールをスキャンして、ウイルスが添付したメールを自動的に削除する。なお、「ウイルスメールを駆除するプログラムには、マカフィを利用している」(マイクロソフトMSN事業部コミュニケーションサービスグループの佐藤秀一シニアプロダクトマネージャ)という。差出人を詐称したメールを防ぐための仕様「Caller ID」については、「技術的には準備できているが、実装までにはもうしばらく時間がかかる」としている。

 また、メールボックスの容量も2004年夏以降順次拡大する。無料版では現行の2MBから250MBに、有料版では10MBから2GBに拡大。メール1通ごとの添付ファイル容量も、無料版で最大10MB、有料版では最大20MBに拡大されている。

 機能強化にあわせて、有料版の名称を「Hotmail 追加容量サービス」から「Hotmail Plus」に変更。利用料は従来通り年額2,520円で、現行ユーザーは自動的にHotmail Plusに移行される。なお、有料版の申し込みから1カ月以内であれば、申し込み取り消し時の返金に応じるという。

 マイクロソフト執行役MSN事業部の塚本良江部長は、「他社サービスとの競争も意識した」とした上で、「ブロードバンドの進展と、オンライン上での安全性が重視されるようになったことが、容量拡大とウイルスメール駆除機能という今回の機能拡張に結びついた」とコメント。「現状でHotmailのアクティブユーザーは国内で約490万人。これは国内最大規模。今後も国内最大を目指す」としている。


Webメールの市場動向。インターネットユーザー総数に、Webメールユーザー数が近づいている 現状のサービスに対しては、迷惑メール対策、容量追加などの要望が多かったという

関連情報

URL
  MSN
  http://www.msn.co.jp/

関連記事
Yahoo! JAPAN、「Yahoo!メール」の容量を8月から順次拡大(2004/06/24)
米Microsoft、Caller IDとSPFを統合したスパムメール対策技術開発へ(2004/05/26)


( 鷹木 創 )
2004/06/24 14:56

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.