Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ソフトバンクBB、ベルシステム24と包括提携〜顧客サポートの強化狙う

〜ベルシステムの第三者割当増資に筆頭株主のCSKが反対

ソフトバンクBBの孫正義代表取締役社長

ベルシステム24の園山征夫代表取締役社長
 ソフトバンクBBとカスタマーサポート業務大手のベルシステム24は20日、両者が包括的業務提携を締結したと発表した。この提携により、ソフトバンクBBの子会社でYahoo! BB関連のカスタマーサポート業務を行なうBBコールがベルシステム24に譲渡されるほか、Yahoo! BB関連のサポート業務は今後、優先的にベルシステム24が受注するようになるという。

 発表によれば、ベルシステム24の投資総額は約1,280億円に達するという。同社は、BBコールの全株式を約500億円で買収。BBコールに対するソフトバンクBBの貸付金約188億円も引き継ぐ。さらに、「9月ごろに営業を開始する」(ソフトバンクBBの孫正義代表取締役社長)という“新サービス”関連のシステム構築費約592億円もBBコールに対して投資する。なお、新サービスについての詳細は明らかにされていないが、孫社長は「個人向け、法人向けの両方に提供する」としており、関連システムは「顧客獲得のための電話発信(アウトバウンド)業務に利用する」という。

 ベルシステム24は今後5年間に渡り、カスタマーサポート業務を独占的に受注する。さらに、新サービスに関するアウトバウンド業務も優先的に受注するという。


2005年には顧客満足度90%以上を目指す〜孫社長

ソフトバンクBB独自の調査によれば、現在のYahoo! BBユーザーの満足度は「満足」「やや満足」を合わせて72%に達する
 孫社長によれば今回の包括提携は、「情報セキュリティ強化や営業の生産性向上、顧客満足度の向上を狙ったもの」で、結果として「顧客満足度ナンバーワンを目指す」という。また、買収した日本テレコムの個人向けカスタマーサポート業務を統合することも考慮しているとし、「ソフトバンクBB分2,000席、旧日本テレコム分2,000席の受信体制と、アウトバウンドで1,000〜2,000席体制で臨む」としている。なお、ソフトバンクBBが設置した新宿や福岡など一部カスタマーセンターは、数百席の規模でソフトバンクBB直営のセンターとして運営する予定だ。

 ソフトバンクBB独自の調査によれば、現在のYahoo! BBユーザーの満足度は「満足」「やや満足」を合わせて72%に達する。孫社長は、「サービス当初は、“圏外”だったが現在は何とか他社と比べられるようになった」とコメント。「ベルシステム24にカスタマーサポートを“フルアウトソーシング”することで、2005年には顧客満足度90%以上を目指す」と決意を示した。


第三者割当の新株発行を差し止めしたCSKに対しては理解を求める〜園山社長

 ベルシステム24の園山征夫代表取締役社長は、「顧客満足度は簡単には上がらない。ベルシステム24では失敗や成功を繰り返したノウハウがあり、それらを活かしたシステムがある」とコメント。また、「大規模なサポートセンターをしっかり運営するためのマネジメントや、オペレーターの教育研修にも注力する」と強調した。

 ベルシステム24の投資資金については、「日興プリンシパル・インベストメンツ(NPI)ホールディングスの第三者割当増資引受による1,038億円がメインだ」と説明。年内にはソフトバンクBBに対して納金を完了する見込みで、「不足分については、自己資金を中心に借入金などで工面する」という。

 ベルシステム24の筆頭株主であるCSKが、この第三者割当による新株発行を差し止める仮処分の申し立てを東京地方裁判所に訴えたことについて、園山社長は「7月初旬に孫社長からカスタマーサポート業務とアウトバウンド業務をワンパッケージで引き受けてくれないかとの打診を受けた。飛躍のためには千載一遇のチャンスだと思ったが、急な話だったので筆頭株主のCSKでも資金の拠出は難しいだろうと判断した」とコメント。「今回の提携により2005年5月期の年間売上高は1,100億円(前年同月期673億円) 、経常利益は190億円(同89億円) を見込んでおり、全ての株主にとって良い結果になるはず。CSKにも理解を求めていく」と述べた。

 なお、第三者割当増資前のベルシステム24株主比率は、39.87%(1,919,000株)でCSKが1位。増資後はNPIホールディングスが5,200,000株(51.93%)を取得し、CSKの株主比率は19.16%にまで下落。CSKの株主順位は2位となる。

【お詫びと訂正】

 初出時、ベルシステム24の園山社長によるコメントとして、「今回の提携により2005年5月期の年間売上高は1,100億円(前年同月期673億円)、経常利益は971億円(同89億円)を見込んでおり」としておりましたが、正しくは「経常利益は190億円」となります。お詫びして訂正いたします。


全体のスキーム。ベルシステム24は、BBコールを通じてサポートサービスをソフトバンクBBに提供する ベルシステム24では、今回の提携により2005年5月期の売上1,100億円、経常利益190億円を見込む

関連情報

URL
  ニュースリリース(ソフトバンクBB)
  http://www.softbankbb.co.jp/press/2004/p0720.html
  ベルシステム24
  http://www.bell24.co.jp/
  ニュースリリース(CSK)
  http://www.csk.co.jp/news/detail.asp?2004_43

関連記事
ソフトバンク、日本テレコム買収を発表(2004/05/27)


( 鷹木 創 )
2004/07/20 20:24

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.