Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

新たなURLスプーフィング脆弱性を修正した「Opera 7.53」リリース


「Opera 7.53英語版」の画面イメージ
 ノルウェーのOpera Software ASAは21日、Webブラウザの最新版「Opera 7.53英語版」をリリースした。現在、同社Webサイトからダウンロードできる。7.53では、URLをスプーフィング(偽装)できる脆弱性などが修正されている。

 バージョン7.53では、セキュリティベンダーのSecunia社が7月8日に発見したURLを偽装できる脆弱性が修正されている。この脆弱性は、BODYタグやIFRAMEタグに細工を施したWebページを閲覧すると、アドレスバーを偽装することができるというもの。閲覧しているWebサイトを読み終わる前に偽装可能なため、気付くことは難しいとしている。

 Operaでは、6月にもURLを偽装できる脆弱性が発見されたが、7月7日に発見された「Opera 7.52英語版」で修正された。今回修正された脆弱性は、6月に発見された脆弱性とは異なるため、「Opera 7.52英語版」を利用しているユーザーであっても、バージョン7.53にアップデートすることが推奨されている。


関連情報

URL
  Opera Internet Browser
  http://www.opera.com/

関連記事
OperaにまたもやURLを詐称できる脆弱性〜7.52でも修正されていない(2004/07/09)
フレーム内でスプーフィングできる脆弱性を修正した「Opera 7.52」(2004/07/08)


( 大津 心 )
2004/07/21 17:14

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.