Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

カードを最も使うのは“インターネットショッピング”が57.1%で1位

〜インフォシークがクレジットカードに関するアンケート結果発表

 楽天が運営するポータルサイト「インフォシーク」は29日、クレジットカードに関するアンケート結果を発表した。調査対象は、20代後半から50代の社会人男女871人となっている。

 クレジットカードの所持率は82.2%となっており、そのうちの81.3%が2枚以上保有していた。特に男性は28.0%が5枚以上持っており、女性では2枚が最も多く26.8%だった。カードの使い分けに関しては、53.0%が「お店やサービス内容によって使い分けている」と回答している。特に女性にこの傾向が強く、女性全体で57.5%、30代後半以上の60%以上が使い分けていた。

 クレジットカードの利用目的は、「ポイントを貯めることによってもらえる商品が魅力的」が全体の51.1%で最も多く、特に50代女性は68.6%だった。2位は「買い物の際に割引される」の31.4%、「キャッシュバックがある」の24.0%と続いた。このことから、カードの特典サービスを目的として利用しているユーザーが多いことがわかる。

 また、クレジットカードを利用するシチュエーションでは、「インターネットショッピング」が最も多く57.1%、2位は「デパート・百貨店」の55.4%、3位の「携帯電話料金やプロバイダーの支払い」の42.9%、4位の「家電用品店」の38.1%と続いている。

 男性は55.0%が「インターネットショッピング」を利用しており、次は「ガソリンスタンド」で39.3%だった。女性は、「スーパー」が44.7%、「カタログやテレビの通販ショッピング」の24.7%が多かった。インフォシークでは、このことから「男性と比較して、女性は通販とリアル店舗で使用することが多い」と分析している。

 クレジットカードのサービスや特典で利用したいものは、「ネット上で不正使用された際の代金の補填」が66.1%となっており、インターネット上で安心して使うための補償を求める声が多いことがわかる。女性の場合は、「ポイントが貯まりやすい」が72.9%、「カード提示や利用でショッピングや飲食の割引や特典がある」が55.3%、「複数の会社(種類)のポイントが1つにまとめられる」の48.4%などとなっており、特典や割引に対してのニーズが高いことがわかった。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://research.www.infoseek.co.jp/release/rs_resource_41.phtml


( 大津 心 )
2004/07/29 18:15

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.