Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

VPNサービス利用率は2003年の51.9%から2004年は58.2%へ上昇〜IDC調査


 IDC Japanは4日、国内IP-VPNサービスの市場動向を発表した。インターネットVPN/IP-VPNのいずれか、もしくは両方を利用している割合は2003年の51.9%から、2004年には58.2%へ上昇していることが判明した。

 調査によると、2004年は「インターネットVPNのみ利用中」が18.4%(2003年10.0%)、「IP-VPNのみ利用中」が19.8%(同31.5%)、「インターネットVPNとIP-VPNの両方を利用中」が20.0%(同10.4%)、「インターネットVPNのみ1年以内に使用開始予定」が2.3%(同5.4%)、「IP-VPNのみ1年以内に使用開始予定」が0.9%(同9.1%)となった。

 このことから、2003年と比較して2004年は「IP-VPNのみ利用中」が減少し、「インターネットVPNのみ利用中」や「インターネットVPNとIP-VPNの両方を利用中」が増加しており、インターネットVPNへシフトしつつあることがわかる。

 IDCでは、インターネットVPNとIP-VPNを合わせたVPNサービス全体の利用率に関しては、「2003年時点で利用率が50%を超えているにもかかわらず、6.3%増加したことから、今後も急激ではないものの、除々に増加していく」と予測した。また、IDC Japanの通信サービスマーケットアナリスト ダニエル・ニューマン氏は「IP-VPN自体は基幹プラットフォームテクノロジとしての位置付けが定着し、インターネットVPNはその補完的なテクノロジとなる」と分析している。


インターネットVPN/IP-VPNの利用動向

関連情報

URL
  IDC Japan
  http://www.idcjapan.co.jp/


( 大津 心 )
2004/08/05 19:07

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.