Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

三菱マテリアル、VPN構築ソフト「SoftEther CA」を8月30日より販売開始

〜同社の次世代SCMシステムと組み合わせて安価な在庫管理を可能に

 三菱マテリアルは9日、VPN構築ソフト「SoftEther CA」を8月30日より法人向けに販売開始すると発表した。価格はオープンプライス。

 SoftEther CAは、登大遊氏が開発したSoftEther VPN技術をもとに開発したソフトウェア。無料配布されている「SoftEther」に、電子証明書システムを導入したほか、ユーザー管理機能の拡充を図っている点が特徴だ。

 SoftEther CAは3製品が用意されており、今回販売されるのは「Closed製品」と「ASP製品」の2つ。「Open製品」に関しては提供体制が整い次第販売開始する予定だとしている。

 「Closed製品」は、接続可能範囲を制限することでセキュリティを強化したバージョン。中〜大規模法人の仮想LAN構築をタ−ゲットにしているという。「ASP製品」は、機能を限定することにより「Open製品」の半額程度に価格を抑えたバージョンだ。各種ソリューションへの組み込み用途を想定しているという。また、「Open製品」は、個人や小規模オフィスでの活用を拡げるため、「Closed製品」よりも低い価格設定で提供するとしている。これらの価格は、すべてオープンプライスだ。

 三菱マテリアルでは、同社独自の製造業向けITソリューション技術に「ASP製品」を組み込んだサプライチェーンマネージメント(SCM)製品「M2S dataTube」を同時に販売開始する。M2S dataTubeは、ICタグとSoftEther CAの「ASP製品」を組み合わせることにより、相対的安価に在庫管理などを可能にするという。また、適用範囲を定めることにより、小規模倉庫から大規模倉庫まで拡張が簡単に行なえる点もメリットだ。

 同社では、「SoftEther CA」および「M2S dataTube」をエンドユーザー企業のほか、システムインテグレータや販売代理店に販売し、初年度6億円の売上を目指すとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.mmc.co.jp/japanese/corporate/news/news20040809.html
  VPN構築ソフト「SoftEther」関連記事インデックス
  http://internet.watch.impress.co.jp/static/index/2004/03/04/softether.htm

関連記事
「SoftEther」製品版開発へ〜三菱マテリアルが登大遊氏と独占契約(2004/03/01)


( 大津 心 )
2004/08/09 16:24

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.