Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Microsoft、仮想サーバーソフト「Microsoft Virtual Server 2005」発売


 米Microsoftは13日、仮想サーバーソフトウェア「Microsoft Virtual Server 2005」を30日以内に発売すると発表した。対応OSはWindows Server 2003/XP Professinalで、価格は4CPU対応のStandard Editionが499ドル、32CPU対応のEnterprise Editionが999ドル。

 Microsoft Virtual Server 2005は、ソフトウェア的に仮想のPCをエミュレートするソフトウェア「Virtual PC」のサーバー向け製品。複数CPUやサーバーOSの動作をサポートし、Windows 2000やWindows NT4.0/3.5など旧来のサーバーOSで動作するシステムの移行や、ソフトウェア開発などの用途を想定している。

 MicrosoftのBob Muglia上級副社長は、「ユーザーは、アプリケーションのテストと開発の合理化、サーバーの台数削減、古いアプリケーションを新しいWindows Server 2003上で動作させることなどを望んでいる。Virtual Server 2005を導入することで、サーバーの配置にかかる時間は50〜95%、物理的なサーバー台数は50〜80%削減できる」とコメントしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.microsoft.com/presspass/press/2004/sep04/09-13AvailabilityVS2005PR.asp

関連記事
マイクロソフト、Virtual PC 2004日本語版を5月より発売(2004/04/19)


( 三柳英樹 )
2004/09/14 15:22

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.