Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

東京都主税局の第2回ネット公売、キャンセル防止のために参加条件厳しく


 東京都主税局とヤフーは12日、「第2回インターネット公売」を14日より実施すると発表した。7月より実施した第1回で落札者がキャンセルした物品が3点あったことをふまえ、今回は入札参加者に課す公売保証金を引き上げるなど参加条件を厳しくする措置がとられる。

 インターネット公売は、税金の滞納で差し押さえた財産をYahoo!オークションのシステムを利用して公売にかけるもの。東京都主税局がヤフーと共同で試験的に運用を開始しており、7月から8月にかけて実施した第1回では美術品や自動車、ピアノなどが出品され、2,966人が参加。合計落札額は、見積額の約410万円を大幅に上回る1,600万円以上に達した。

 しかし、560万2,000円の値を付けたスタンウェイのグランドピアノ(見積額290万円)、255万3,000円の富岡鉄斎の掛け軸「巌居谷飲図」(同24万円)、210万1,000円の山下清のリトグラフ「ハイデルベルグの古城」(同64,000円)の3点でキャンセルが発生。第2回のネット公売では、キャンセルを防止し、確実に売却を行なうことを目的とした2点のルール変更を行なうことにした。

 まず、入札参加者が事前に納付する公売保証金を見積額の1割から2割に引き上げる。公売保証金は、参加申込を行なった全員にクレジットカードから引き落とされるもので、公売保証金の納付が確認できた人のみオークションに参加できる仕組みだ。落札できなかった参加者には返還されるが、落札者がキャンセルした場合や期限までに代金を納めなかった場合にはそのまま没収される。さらに、落札者がキャンセルした場合に、2年間はインターネット公売に参加できなくなる。

 第2回の公売では、前回キャンセルされた3点(見積額は同額)のほか、1994年登録のベンツ(見積額19万円)をはじめ、美術品やカメラなど合計52点が出品される。実施スケジュールは、参加申込受付期間が10月14日午前10時から28日午前10時まで、入札期間が11月9日午前10時から11日午前10時までとなっている。


関連情報

URL
  東京都主税局のニュースリリース(PDF)
  http://www.tax.metro.tokyo.jp/oshirase/2004/20041012.pdf
  ヤフーのニュースリリース
  http://docs.yahoo.co.jp/info/pr/release/2004/1012.html
  東京都主税局公売オークション
  http://koubai.auctions.yahoo.co.jp/

関連記事
Yahoo! JAPANと東京都主税局、「インターネット公売システム」開発(2004/04/16)
ロールスロイスに265人が申込み〜東京都の公売オークションの参加状況(2004/07/30)
ヤフーと東京都のネット公売、合計落札額は1,600万円を超える結果に(2004/08/12)


( 永沢 茂 )
2004/10/12 17:18

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.